国語の部屋
研修会の様子
指導案・実践事例
国立教育政策研究所
読書のページ
書写のページ
作文学習の手引き

 不易流行
 
「これまで」

   
そして「これから」        
身に付けさせたい力の明確化
〜授業と評価を見直す!〜

「平成31年度 センター研修のお知らせ

研修番号 0200

小学校国語科研修 楽しくて確かな国語の力を身に付けられる授業づくりを学ぼう

  @ 7月29(月)9:4512:00

    「新学習指導要領全面実施に向けた国語科授業づくり(仮)」

             文部科学省   教科調査官  菊池 英慈 氏
     ※宮城県総合教育センターとの共催で実施します。

   A 7月29日(月)13:00〜16:00
    「主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業づくりの工夫(仮)」

筑波大学附属小学校  教諭  青山 由紀 氏

    ※ 宮城県総合教育センターとの共催で実施します。

    B 8月30日(金)15:0016:45

    「情報活用能力の育成を意識した授業づくり(仮)」

             仙台市立小学校教諭 教育センター指導主事 他
研修番号 0201

中学校国語科研修 国語教室の在り方を考える〜授業改善の具体を学ぼう〜

    @ 6月26(水)9:4516:00 ※ 宮城県総合教育センターとの共催で実施
     「主体的に取り組める国語教室の作り方〜書く活動の工夫を通して(仮)」
              宮城教育大学     教授  児玉 忠  氏

     「育成すべき資質・能力を明確にした授業づくり
             〜『深い学び』を実現する学習評価とは(仮)〜」
              十文学園女子大学  教授  冨山 哲也 氏
              宮城教育大学    教授  児玉 忠  氏
   A8月1日(木)14:0016:45

      「読む力を高める国語授業の作り方
             〜説明的な文章の教材分析を通して〜(仮)」
             港区立赤坂中学校   教諭  甲斐 利恵子 氏

研修番号 0250

国語科研修  よりよい国語の授業づくりを目指す国語教師のために

  1120(水)14:0016:45

   「国語の授業が劇的な変わる,変える

     〜どの子も教師も,ワクワクしながら言葉に向き合い,
             読みひたり書きひたり学びひたる授業を創る〜」

                宮城教育大学 名誉教授 相澤 秀夫 氏

研修番号 0110

司書教諭・学校図書事務員研修

   @7月30日(木)14:0016:45     小学校対象
      ・「選書と廃棄〜学校図書館の機能と役割〜」
                市民図書館 主査
    ・「小学校における学習・情報センターとしての役割を持つ学校図書館運営
                    〜授業と図書館をつなぐ具体的な取組〜」
                放送大学 客員准教授 塩谷 京子氏

     A8月21日(水) 14:0016:45    ※ 中学校対象
    ・「選書と廃棄〜学校図書館の機能と役割〜」
                市民図書館 主査
    ・「中学校における学習・情報センターとしての役割を持つ学校図書館運営
                    〜授業と図書館をつなぐ具体的な取組〜」
                慶応義塾普通部 庭井 史絵 氏