虹の色は?

「虹は,いくつの色で出来ていますか?」
今朝の朝会で,私は子どもたちに,こう問いかけました。

答えは,そうです。7色ですよね。
しかし,諸外国に目をやれば
例えばアメリカでは,6色と答え
ドイツは5色,アフリカは4色となるそうです。

虹は「2色で出来ている」という民族もあります。
これは,虹の色を「明るい色」と「暗い色」の
2つの色で分けているからです。

このように,国(民族)によって
色の概念の違い,色を表現する言葉の違いなどから
様々な見方や考え方があるのです。

子どもたちに向かっては,理解しやすいように
この部分は,イラストを使いながら,説明しました。

  国によって,虹の色の数が違うということは
  理由を聞いたら「なるほどなあ」となりますよね。
  このように「なるほどなあ」とか「そうなんだ」「分かるなあ」
  ということを,難しい言葉で「認める」と言います。

今年度,本校の目指す児童の一つに「認め合う子」があります。
認め合うとは,どういうことなのか?
私は子どもたちに,考えてほしかったのです。

  虹の話は「そうなんだ」と認められると思います。
  では,クラスの中ではどうでしょう。
  授業中,意見が違う人に向かって「はあ?なにそれ?」なんて
  笑ったり馬鹿にしたりしてませんか?

  自分と同じ,自分と似ている人を認めることって簡単ですよね。
  でも,本当の「認め合う」というのは
  考え方や好き嫌い,得意不得意,性格などが自分と違っていても
  「それもあるかもね」「なるほどね」などと
  言えること,思えることをいうのです。

  今年度のスローガンは
  「一歩ふみ出そう! 自分を信じて 仲間を信じて」です。
  一歩ふみ出すって,自分を信じるって,仲間を信じるって
  どういうことなんでしょうね。
  その答えのヒントになるのが
  「認め合う」だと思うのですが,どうでしょうか?
  ぜひ,先生と一緒に,クラスで考えてみてくださいね。

認め合うって,なかなか難しいですよね。
相手との違いを認めるとなると,なおさら・・・。

もしかしたら,大人の方が難しいのかもしれません。
認めることが「負けになる」「許せない」なんて思ってしまうから。

決して,そういうわけではないのですが・・・。  

授業参観

「明日ねえ,ママが来てくれるんだよ!」
と,嬉しそうに私に話しかけてきた1年生の女の子。

すると
「え〜,じゃあ私もママに来てって言う!」
と負けじと言ったのは,隣にいた女の子です。

今日は,分散授業参観の2日目でした。
保護者の皆様のご協力もあり
教室内は4名以下でという感染予防の対策も
実行でき,感謝申し上げます。

1日3時間。それを5日間設定しました。
先生たちには
「とにかく普段の授業で」と伝えてあります。

時間割の変更もありません。
ですから,高学年は教科担任制のままです。
業間の休み時間の様子も,いつもどおりです。

学校の日常を見ていただく。
特別な日ではない,子どもの様子を感じていただく。
このことはとても有り難く
校長としても,貴重な経験だと思っています。

ぜひ,ご覧いただいた感想などを
お寄せください。よろしくお願いいたします。

授業参観が終わった4時間目。
廊下で,ニコニコしながらお母さんにくっついている
1年生の男の子を発見!

よっぽど嬉しかったのでしょうね。

感染予防には注意を払いながら
できるだけ,子どもたちの様子を見ていただける機会を
これからもつくりたいと考えています。

来週も,どうぞよろしくお願いいたします。

P7030001.jpg P7030003.jpg P7030004.jpg

宝物を手に

自分が大切にしている宝物を手に
卒業写真を撮るのが,八幡小の伝統です。

私が教室へ向かったときには
ちょうど3組の子どもたちが,撮影中でした。

撮影前の子どもたちは
宝物を準備したまま,読書をして待っています。

終了した1組と2組の子たちには
休み時間に,宝物を見せてもらいました。

ボールやグローブ,ラケットを持っている男子。
ぬいぐるみを持っている女子。
その他にも,マンガ本や小説など
全員の宝物を見ることはできなかったけれど
それぞれに,なるほどなあ〜と
カメラを向けていたのですが・・・。

ロッカーの上にちょこんと座った
しまじろうとマリオの持ち主は,男子でした!
そして,水槽の中から
じっと私を見つめるカエルの持ち主は,女子です!

一人一人どの子にも,宝物との物語があるのでしょうが
こうした意外性は,とっても興味がわきます。

みんな素敵な表情で,写真におさまったのしょうね。

例年どおりの行事が無くなってしまっている6年生。

去年と同じショットの写真は無理だとしても
この1年だからこそ,いや,この1年ならではの
たくさんの思い出が,アルバムに残るようしてあげたいな。
こうあらためて思いました。

学校がスタートして,4週間が終わろうとしています。

P6260015.jpg P6260016.jpg P6260017.jpg

P6260018.jpg P6260019.jpg P6260020.jpg

P6260021.jpg P6260022.jpg P6260023.jpg

P6260024.jpg P6260025.jpg P6260027.jpg

図書室で

2時間目の休み時間に,図書室に行ってみました。

すでにお知らせしているとおり
現時点では,休み時間の図書室の利用は
貸し出しと返却のみです。

外で遊ぶ子も多い中
二カ所有る図書室にも,たくさんの子どもたちが
来ていました。

足形のマークに,ちゃんと立っている様子を目にし
なんて立派なんだろう!と思うと同時に
自由に使わせてあげたいよなあ
という気持ちが,浮かんできたのも事実です。

制約や我慢という中での自由。

かけ算九九の答えのように,正解が一つではないこの命題。
極端に言うと,聞いた人の数だけ
答えがあるんですよねえ。

借りた本を手にし,教室に戻っていく子どもたち。

コロナの感染によって生まれる不安や不満を
せめて,本の世界と向き合っている瞬間だけでも
忘れてくれれば・・・・。

外遊びで,ストレスを発散する子。
本を読むことで発散する子。
友達との会話。担任との語らい。等々

それぞれが,「自分の好き」を上手に使って
休み時間を過ごしています。

P6250003.jpg P6250010.jpg P6250011.jpg

P6250012.jpg P6250008.jpg P6250014.jpg

大成功!

児童会の三大イベントの一つ「1年生を迎える会」が
本日の2時間目に行われました。

一度は,中止案も浮上したこの会。
本来ですと,全校が体育館に集まり,1年生を迎えます。
当然,このままの開催はできません。

そこで,児童会を担当している先生たちや,子どもたちが
「出来る方法はないか?」と知恵を出し合いました。

その答えが,「ビデオ撮影後のテレビ放映での開催」です。

見事でした! 大成功です!
どの学年・クラスもテレビの画面に釘付け!

各学年からの動画は,内容も演出もかなり工夫されており
5・6年生になると特に,シナリオや撮影の演出にも
子どもたちが,積極的に関わったそうです。
タブレットを自由に使いこなす子どもたち。恐れ入りました。

担当の佑先生は
「休業中に作成した,私たちの動画も関係しているかも」
と言っていました。

確かに!
YouTubeで公開した,数々の「白はとチャンネル」動画は
何より先生たちが,楽しんで作成しましたからね。
きっと,子どもたちにもそれが,伝わったのでしょう。

大人が楽しそうにしていると
子どもは興味を示します。真似したくなります。

学校は,そして世の中も,こうじゃなくちゃなあ。
あらためて思った,今日の動画放映。

「○○は出来ない」。
どうしようもないことは,確かにあります。
あきらめるしかないことも,世の中にはたくさんあります。

でも,少しでも可能性があるのなら
「どうにかして実現できないか」
「何か,別な手立てはないか」
私たちが動き出す姿を,子どもたちに見せていきたい。
こう思っています。

文句や愚痴ばかりを並べる大人を,子どもは尊敬しませんから。

P6230014.jpg P6230015.jpg P6230017.jpg

P6230019.jpg P6230021.jpg P6230024.jpg

P6230034.jpg P6230040.jpg P6230044.jpg

休み時間

業間と昼休みの校庭の様子です。

曜日毎に,偶数学年と奇数学年に分かれ
業間と昼休みを分けて使うという約束に変更しました。

以前のように,校庭での遊びを「全くの自由」とすると
かなり密集してしまうからです。
子どもたちに「我慢を強いる」ことになるのですが
現時点では,仕方ありません。

子どもたちも,状況を理解してくれており
与えられた環境の中で,楽しんでいます。

校庭にいる私を見つけて
「校長先生,何してるの?」
と,話しかけてきた1年生の男の子。

「みんなが遊んでいる様子を撮ってるんだよ。
 ねえねえ,学校どう?楽しい?」
と,聞いてみました。すると
「うん,楽しいよ。今ね,女の子と遊んでたの」
と答えてくれたのです。

学校に慣れてくれるかな・・・。
いろいろな制約があるので,大丈夫かな・・・。
私は,1年生の子どもたちに対して,こんな心配をしていました。

しかし,「100%大丈夫,全員が満足だ」とは
もちろん言い切れませんが
いろいろな不安や不満を抱えながらも
子どもたちは,前向きに過ごしてくれているようです。

2年生以上の子どもたちも同じです。

楽しそうに休み時間を過ごしている子どもたち。

だからこそ,この笑顔が消えるようなことがないように
子どもたちの心に耳を傾けていかなければ。
こう思っています。

P6160027.jpg P6160030.jpg P6160032.jpg

P6160034.jpg P6160038.jpg P6160040.jpg

P6160041.jpg P6160049.jpg P6160050.jpg

P6160053.jpg P6160059.jpg P6160060.jpg

消毒作業

臨時休業中の「預かり」がスタートして以来
先生たちは毎日,放課後に消毒作業をしています。

教室の机や椅子,ドアの取っ手,水道の蛇口,トイレ
階段の手すり・・・。

この作業は,4か月目に入りました。
おそらく,これからもまだまだ続くと思います。
1年でしょうか。それとも2年?3年?

もちろん,これはしなければならないことだし
学校だけが大変な思いをしているわけではない
ということも分かります。

先生たちも分かっているので,文句や愚痴を言う人間は
一人もいません。

なので校長としては,なおさら
「ありがとう」
という感謝の気持ちが,強くなるのです。

子どもたちも,手洗いをしっかり行うなど
毎日,本当によく頑張っています。

ですから,子どもたちにも「ありがとう」です。

今日も,かなりの高温でした。
子どもたち,きっと疲れが溜まっているはずです。

引き続き,ご家庭でもお声がけを
よろしくお願いいたします。

P6100002.jpg P6100004.jpg P6100005.jpg

P6100006.jpg P6100007.jpg P6100008.jpg

P6100009.jpg P6100010.jpg P6100011.jpg

連想するものは?

手洗いを待つときや,並んで移動するときに
80僂隆岾屬魘けることは
1年生の子たちにとって,かなり難しいことです。

そこで先生たちは,子どもたちにも分かりやすい
表示の作成に取りかかってくれました。

そして完成したのが,ネコのかわいいイラスト。

こんな言葉が添えられています。
「うでは ぴしっ!!と のばそう」
「まえならえで ならぶんだにゃー!!」

イラストの効果は,絶大です。
ひと目で分かりますからね。

ところで,「前ならえ」をさせるための
分かりやすいイラストは・・・?
ぱっと浮かんだのは,あの「キョンシー」。

でも,即刻却下!
子どもたちにとっては,未知の単語ですから。
映画が流行したのは,1985年。
無理ですよねえ。
※ちなみに,職員室では「キョンシー」の話で
 ひとしきり盛り上がりましたが(笑)。

さてさて,「単語」つながりで,1年生の話題をもう一つ。

1年2組の国語の時間。
「つ」の付く言葉と,「く」の付く言葉を発表していた時のこと。

数ある「つ」と「く」の付く単語の中で出てきたのが
「つ」・・・・つっつく!
「く」・・・・くいもん!

かわいいですよねえ。実にかわいい。
「つっつく」は,「つ」がいっぱいあるしなあ。
「くいもん」は,「くいもの」ではないところが,ミソ。

「くいもん」という発言には
担任の櫻井先生もおもわず「くいもん!?」と
聞き直した・・・とか。

でも,ちゃんと両方とも,板書されていました。

子どもたちにとって,自分の発言が板書されるって
うれしいものなのです。

授業が楽しいと,子どもたちの笑顔があふれます。
コロナウイルスをやっつけるには
笑顔でいることも,大事ですよね!

P6080289.jpg P6080290.jpg P6080291.jpg

P6080292.jpg P6080294.jpg P6080295.jpg

新たな生活

簡易給食2日目の1年生です。
ちゃんと手を洗って,給食当番の仕事をする子どもたち。

他の子どもたちは,準備ができるまで,静かに待っています。

「いただきます!」の前には
パンの袋のたたみ方などを練習しました。

そして,待ちに待った「いただきます!」。

残念ながら
グループになって食べることはできませんが
もし,マンガの吹き出しがあったなら
「わあ〜,美味しいなあ〜!!」
という文字が躍っていたに違いない!

そんな雰囲気の給食時間でした。

さて,4年生の体育の時間。
ご覧のように,マスクを外しての運動となりますので
フィジカルディスタンスは2辰箸覆蠅泙后

この距離を,フラフープを使って取っていました。

こうした物があると,余計なストレスを感じることなく
互いの距離を保つことができます。

ゆくゆくは,目印がなくても
適度な距離をちゃんと取れる子を育てたいものです。

少なくともこの1か月間は
身に付けるための練習の時間と捉え
焦らず,ゆったりとした気持ちも持ちつつ
子どもたちに指導していきたいと思います。

P6040267.jpg P6040270.jpg P6040273.jpg

P6040276.jpg P6040260.jpg P6040261.jpg

心のケア

このクラスの合い言葉は『工夫』だよね。
この大変な状況を,みんなで工夫して
楽しいクラスにしようって決めたんだから
いじめなんて,絶対に変だよね。
友達を,仲間をいじめるなんて
出来るわけないよね。

こう,子どもたちに語っていた咲希先生。

4年3組の子どもたちが
そんな咲希先生の言葉を,真剣に受け止めていることが
私にも,しっかり伝わってきた授業です。

今日は,全学年・全クラスで
「心のケア」の授業を行いました。

以前もお伝えしましたが
新型コロナウイルスの感染で怖いのは
感染症そのものだけでは,ありません。

いじめ,偏見,差別,誹謗中傷,悪口,嫌がらせ・・・・。
こうした単語を見るだけで
不快な気持ちにさせられるのですが
このような「人間の心・言葉・行動」がもたらす影響は
病気そのものとはまた違った恐ろしさがあります。

本人にとって「正義」であれば,それを振りかざし
誰かを,どこかを,糾弾してもいいんだ。
どんな言い方,どんな方法でも,かまわないんだ。

こんな間違ったことを,私たち大人が示している昨今。

そして,子どもたちが
それを真に受けて育ってしまったら・・・・。
私は,教科書の学習が遅れることより
このことの方が,よっぽど深刻な問題だと思っています。

新型コロナウイルスの感染が
私たちに与えたダメージは,計り知れません。

しかし,ダメージが大きい分
それを乗り越えようとする知恵や勇気
これまでとは違った生き方や考え方といった
必ずプラスになる事柄も,見えてきたのも事実です。

今年度の,本校のスローガンは
「一歩ふみだそう! 自分を信じて 仲間を信じて」です。

子どもたちの一歩の幅は,それぞれ違うけれど
それがいいんだよ。それでいいんだよ。

こう伝え合える子どもたちを育てたい。
あらためて決心した「心のケア」の授業でした。

P6030246.jpg P6030227.jpg P6030230.jpg

P6030231.jpg P6030232.jpg P6030233.jpg

P6030236.jpg P6030247.jpg P6030248.jpg

1/21 >>