■「大銀杏」(おおいちょう)校長室メッセージ
   
平成18年3月10日

仙台市立連坊小路小学校
校長 牛田 和夫
 No.17


               4月に開校120年目
            18・19年度にわたり記念行事

校歌の歌詞にうたわれている“明治十有九年秋……”に開校した連坊小路小学校は,平成18年4月に創立120年目を迎えます。
 昭和61年(1986年)に100周年の記念式典を挙行してから,20年が経ったことになります。本来であれば,伝統的に数えで120年目の18年度(2006年)に記念事業を実施するところですが,学校では,校舎と体育館の耐震工事,校舎壁面全面塗装,屋上防水工事などの大改修が行われ,教室も工期ごとに移動するなどの落ち着かない1年になりそうです。
そこで,満120周年の19年度に,改装なった学校にお客様をお迎えし,記念式典を挙行することが,120周年記念第1回実行委員会[注]で決定されました。
なお,耐震工事期間中でも,記念事業として実施可能なイベント等については,18年度中に開催することになります。事業内容や組織作り,経費など詳細は今後の実行委員会や各委員会で協議・検討されていきます。
 120年目に在籍していた子どもたちが,学校の歴史と伝統を十分に喜び合える記念事業を,という実行委員さん方のご意向に感謝申し上げます。



[注] 各団体代表の方に実行委員をお願いしましたが,今後実行委員会を含めた組織作りをいたします。

第1回実行委員会ご案内者   同窓会 会長 白石浩哉,副会長 志水賢雄(欠席)
理事 太田典雄, 元PTA会長 阿部豊淳, 鈴木久美子, 黒田昌稔, 中村瑞貴
町内会長代表 佐々木正一,中野不二雄,連坊商店会代表 武者利喜充,小原隆郎(欠席)
現PTA役員 会長,副会長,事務長 (敬称略)




             18年度 学校運営の説明 

2月27日に行われた説明会では,学校評価についての結果報告と18年度教育活動について説明をしました。今年度初めて各種団体の代表の方々にお願いした調査から,子どもたちが地域に協力できることとして,地域のクリーン活動・地域清掃,商店街や町内会のイベントへの参加などが期待されているようです。
また,子どもたちへの期待として,礼儀と安全,思いやり,健康,我慢する心などが挙げられました。社会のモラルは家庭・学校が一体となった指導が要望されています。小児,児童への安全対策については,まちぐるみでの取り組みの必要さが寄せられました。 18年度本校教育の重点目標は,@学習の基礎・基本の定着,A学習支援を必要とする児童への指導,B校内外での生活指導の徹底,C個人情報の管理,D地域の人々や団体と
の連携と安全対策です。保護者の皆さんと協力しながら進めてまいりたいと思います。

[お知らせ] 東八JR社宅跡地について,JRでは大型レジャー施設への売却を中止するとの連絡が関係者にありました。1日の河北新報夕刊でも報道されました。交通量の問題,夜間営業による青少年の健全育成など,PTAを中心として売却先の再考を要望していました。







ひとつ上のページにもどる
        
トップページにもどる
Copyright by Renboukoji shogakkou
無断での転用,リンクはお断りいたしております。
リンクなさる場合は,学校長の許可が必要となります。