毎月19日は「食育の日」 今月はセレクトデザート♪

《今日の献立》

 


・背割りコッペパン ・牛乳 ・チリコンカン ・枝豆のクリームシチュー ・セレクトデザート  

CIMG0191

☆給食室からのおたより☆


 毎月19日は食育の日です。今月は,みなさんのお楽しみ「セレクトデザート」を実施します。
 今回は,夏向けのデザートとして,フローズンヨーグルト・パインゼリー・シークワーサータルトの3種類を準備しました。事前アンケートの結果,フローズンヨーグルトが107名,パインゼリーが126名,シークワーサータルトが86名でした。
 暑くなると,給食では汁物や煮物など残食の量が多くなりますが,夏バテ防止にはしっかり食べることが大切です。デザートを食べる前に,主食やおかずをしっかり食べましょう。
 さて,いよいよ明日から夏休みですね。部活動や勉強で休み中も忙しいみなさんですが,今から予定を立ててワクワクしていることでしょう。夏休みを元気に過ごすために,「早寝・早起き・朝ごはん・適度な運動」を合い言葉に,規則正しい生活を心掛けましょう。充実した夏休みを過ごして,休み明けに元気な姿を見せてください。


— posted by takamori at 12:05 pm  

栄養満点!さんまの蒲焼き

《今日の献立》

 


・ごはん ・牛乳 ・さんまの蒲焼き ・すき昆布の煮物 ・玉ねぎとじゃがいものみそ汁  

CIMG0189

☆給食室からのおたより☆


 今日は7月27日の土用の丑の日に先駆けて,かばやきにしました。 江戸時代から,土用の丑の日に「う」のつく食べものを食べると夏バテしないといわれています。その中でもうなぎは,ビタミンB類が多く含まれていて夏バテに効果的だと言われています。今日は,うなぎに負けないほど栄養豊かな「さんま」を代わりに使いました。さんまは良質のたんぱく質や,貧血予防に効果のある鉄,粘膜を丈夫にするビタミンや,骨を作るカルシウムとその吸収を助けるビタミンDを多く含んでいます。
 今日は栄養たっぷりのさんまに,でんぷんをつけて油で揚げ,給食室で作ったたれをかけました。おいしくできましたので,しっかり食べて,夏を乗り切りましょう。


— posted by takamori at 12:24 pm  

肉の話

《今日の献立》  
・ごはん ・牛乳 ・酢豚 ・卵とわかめのスープ ・パインアップル(缶詰)  

CIMG0187

☆給食室からのおたより☆


 今日は肉の話です。肉には,筋肉や内臓,骨格形成などに必要な良質のたんぱく質が豊富に含まれていて,成長期に丈夫な体を作るためには欠かすことのできない食品です。
 今日みなさんが食べている豚肉には,ビタミンB1も多く含まれます。ビタミンB1は,体に取り込んだ糖質をエネルギーに変えて脳や体に送るはたらきがあり,その結果,疲労回復や夏バテ防止,脳の働きを活性化するなどの効果を得られます。
 今日は油で揚げた豚肉と野菜を合わせた酢豚を作りました。肉だけでは不足しがちなビタミン類や食物繊維も一緒に摂ることができるので,好き嫌いせずに食べましょう。


— posted by takamori at 12:14 pm  

旬の野菜「なす」を食べよう

《今日の献立》  
・横割り丸パン ・スライスチーズ ・牛乳 ・白身魚フライ ・なすのミートソースあえ ・野菜スープ  

CIMG0183

☆給食室からのおたより☆


 今日は,今が旬の野菜「なす」を紹介します。なすの原産地はインドと言われています。とても古くから作られている野菜で,日本へは8世紀に伝わりました。日本の自然環境に合わせて多くの品種が生まれ,今では150種類以上もあるそうです。
 夏が旬の野菜は水分が多く,体を冷やす効果があるため,「クールベジタブル」とも呼ばれています。中でもなすは特にその効果が高く,体のほてりがあるときに食べると効果的です。なすの濃い紫色は「ナスニン」という色素によるもので,生活習慣病の予防や目の疲れをとるのにも効果的です。なすは,ほとんどが水分であまり栄養はありませんが,味があっさりして油との相性がよく,揚げたり炒めたりするとおいしく食べることができます。
 今日の「なすのミートソース和え」は,炒めたなすとミートソースを合わせて作りました。旬の味を楽しみましょう。


— posted by takamori at 12:27 pm  

ひじきの話

《今日の献立》  
・ごはん ・牛乳 ・おろししそハンバーグ ・ひじきの炒り煮 ・豚汁  

CIMG0181

☆給食室からのおたより☆


 今日は大豆が入った「ひじきの炒り煮」です。ひじきは栄養豊富な海藻で,カルシウム・鉄・食物繊維などを豊富に含みます。
 カルシウムや鉄は,ふだんの食生活ではどうしても不足しがちな栄養素ですが,骨や血液を作る大事な役目を果たすため,成長期のみなさんには欠かせないものです。特に女性や毎日運動をする人には,あらためてひじきの栄養に注目してほしいと思います。
 給食では,ひじきの炒り煮は残食が多いおかずの一つですが,好き嫌いせずに残さず食べましょう。


— posted by takamori at 12:23 pm  

冷凍みかんの話

《今日の献立》  
・ココアパン ・牛乳 ・かぼちゃとツナのチーズ焼き ・大麦入りミネストローネ ・冷凍みかん  

CIMG0179

☆給食室からのおたより☆


 冷凍みかんは,暑い時期にはうれしいデザートですね。学校給食で夏場のデザートとして出されるほかに,駅の売店などでよく売られています。
 みかんは冬が旬の果物で,夏はあまり収穫できないので,冬に収穫したみかんを冷凍保存して夏も食べられるようにしようということで開発され,1955年(昭和30年)に小田原駅の売店で販売されたのがはじめだそうです。
 みかんをそのまま凍らせると乾燥してパサパサしてしまうので,冷凍→みかんに水をつける→冷凍…という作業をくりかえし,みかんの表面に氷の膜をつくることで,乾燥を防ぐ工夫をしています。氷の膜があると,みかんの水分が外に出てしまうことを防ぎ,パサパサしないおいしい冷凍みかんが出来るのです。
 給食室では,みなさんに冷た〜い冷凍みかんを食べてもらえるように,手早く洗って数え,冷凍庫に入れています。おいしく食べてもらえるとうれしいです。


— posted by takamori at 12:21 pm  

青椒肉絲

《今日の献立》  
・ごはん ・牛乳 ・チンジャオロースー ・さつまいもコロッケ ・わかめのスープ  

CIMG0174

☆給食室からのおたより☆


 今日は,旬の夏野菜「ピーマン」をたくさん使って,代表的な中華料理のひとつである「青椒肉絲」を作りました。「青椒(チンジャオ)」というのは「青いピーマン」という意味で,「肉絲(ロース-)」は「細切りの肉」という意味です。レシピによっては豚肉を使ったり牛肉を使ったりしますが,中国では豚肉を使うのが一般的だそうです。給食では,豚肉と青ピーマンの他に,たけのこ・しいたけ・パプリカも加え,彩りよく仕上げました。味わって食べてください。


— posted by takamori at 12:22 pm  

すいかの話

《今日の献立》  
・コッペパン ・はちみつ ・牛乳 ・あじフライ ・マカロニのカラフルスープ ・小玉すいか  

CIMG0171

☆給食室からのおたより☆


 今日のデザートは,夏の風物詩「すいか」です。原産地はアフリカです。エジプトでは,すいかを描いた4000年前の壁画も見つかっているそうです。日本では,江戸時代から明治時代にかけて広まり,庶民の食べ物になりました。その後,日本の気候や風土にあわせた品種改良が盛んに行われ,現在では大玉すいか,小玉すいか,実が黄色いすいか,皮が黒いすいかなど,たくさんの種類があります。今日の給食で使ったすいかは,「小玉すいか」です。皮が薄く甘みが強いのが特徴です。
 すいかは英語で「ウォーターメロン」と言われるように,水分が90%と多く,体を冷やす効果があります。また,汗をかくと失われるカリウムなどのミネラルも豊富で,夏ばて予防に効果があります。残さず食べて,暑い夏を元気に過ごしましょう。


— posted by takamori at 12:08 pm  

もうすぐ七夕☆彡

《今日の献立》  
・ごはん ・牛乳 ・笹かまぼこのごまみそかけ ・きゅうりのピリ辛炒め ・七夕うーめん汁 ・七夕ゼリー  

CIMG0170

☆給食室からのおたより☆


 今日は少し早いのですが,七夕にちなんだ献立です。7月7日の七夕は,織姫と彦星が1年に1度,天の川を渡って会えるという中国の伝説がもとになっています。平安時代の宮中では,奈良時代に中国から伝わってきた「索餅」という小麦粉と塩を水で練って作った麺を糸に見立てて食べたり供えたりしたそうです。織姫は機織りが上手だったことから,機織りや裁縫の上達を願ったといわれています。その後,鎌倉時代に中国からそうめんが伝わり,そうめんが食べられるようになったそうです。
 今日の給食では,そうめんの代わりに宮城県白石市の名産「うーめん」を使いました。かわいらしい星形の麩も入っています。七夕の話題を楽しみながら食べましょう。


— posted by takamori at 12:01 pm  

手洗いで食中毒予防

《今日の献立》   ・ツイストパン ・牛乳 ・タンタン麺 ・ししゃもフライ ・冷凍みかん  

 

CIMG0164

☆給食室からのおたより☆  


 今日は食中毒予防の話です。湿気が多く気温が高い夏場には,細菌が原因の食中毒が起こりやすいです。食中毒を予防するために,誰もが簡単にできる一番の予防法は「石けんで丁寧に手を洗うこと」です。今日は,みなさんの手洗い行動についてチェックをしてみましょう。これからチェック項目を5つ読むので,当てはまる項目がいくつあるか数えてください。
 ー蠅鮴うのは面倒だから,水でちょっとぬらすだけで終わらせている
 ▲魯鵐チを持っていないので,手を振って水を切ったり,洋服で拭いたりしている
 D泙鮨ばしたままにしている
 だ个韻鵑鮖箸辰討い襪韻譴鼻ぜ蠅里劼蕕鬚海垢襪世韻能わらせている
 ネ達とよくハンカチの貸し借りをしている
 ・・・いかがでしたか?当てはまる項目が多かった人は,手洗いの基本ができていません。石けんを使って洗い残しがないよう指先や手首までよく洗い,きれいなハンカチで拭くように心がけましょう。


— posted by takamori at 11:57 am  

<< 2019.8 >>
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 
T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0918 sec.