関わりという宝

三日間に渡って行われた校内陸上記録会・ミニ体育祭が
無事に,全て終了しました。

天候にも恵まれ、三日間とも実施できて良かったという
ほっとした気持ち。
そして、いろいろと困難なこともあったけれど
実施したことは,間違いではなかったんだという気持ち。
そんな気持ちの中で,これを書いています。

4年生が、全員リレーとしているとき。
雀踊りをしているとき。
5年生の教室からは,子どもたちの温かい拍手が聞こえてきました。

5年生の南中ソーラン。
金色のはっぴに身を包んだ子どもたちが,躍動します。
その姿を見ていた4年生と6年生からは
「アンコール!アンコール!」という声が。

目頭が熱くなりました。
きっと4年生は,1年後の自分たちを想像して・・・。
6年生は、1年前の自分たちを思い出して・・・。
そんな一瞬だったのではないでしょうか。

5年生男子の全員リレーが終わったとき
「やっぱり応援の声が欲しかったよなあ」
と会話している子どもの声が,耳に入りました。

確かにそうです。そのとおり!
でも「だから応援くらい声を出させるべきだ」ではなく
「声を出せるようになった時、きっとこの子たちは
 大きな声で,心から友達を励ます子になる」
こう思いたいのです。

そして,こう育てることこそが,教育だと思います。
私たち大人の務めだと思います。

この3日間,間違いなく学校の空気が変わりました。
子どもたちの緊張感と高揚感が,校舎や校庭を包み込みました。

クラスの友達や学年の友達,他の学年の友達との関わりが生まれ
それぞれの子が,何かしら感じてくれたこと。
これはまさに,行事を通して得られた宝です。

そして,保護者の皆様の温かいまなざしと拍手も
子どもたちにとっては,大きな大きな喜びでした。

お忙しい中,お時間を割いて学校にお越しいただき
ありがとうございました。心から感謝申し上げます。

残り約半年。
「何が出来るだろう。どうしたら出来るだろう」
こう考えることを柱に,教職員一同全力を尽くしてまいります。

これからも本校の教育活動に対して,ご理解とご協力をお願いいたします。

P9180020.jpg P9180025.jpg P9180028.jpg

P9180039.jpg P9180043.jpg P9180038.jpg

P9180048.jpg P9180052.jpg P9180055.jpg

P9180062.jpg P9180071.jpg P9180081.jpg

張り切って

「ドキドキしてる?」
「うん,なんかね,ああって感じ」
かけっこのスタート前,1年生と私の会話です。

ですよね。何と言っても今日は
おうちの人がたくさん見ているのですから。

朝,校長室前を通る1年生の子たちは
いつもと違って,どことなく緊張しているような
わくわくしているような,そんな独特の雰囲気さえ感じました。

練習とは,張り切りようが明らかに違います。
これは,2年生も3年生も同様でした。
やっぱり,保護者の皆様の存在は大きいのだと
あらためて実感しました。

新型コロナウイルス感染対策として
「拍手で応援」という形をとりましたが
「がんばれ〜!」「行けえ〜!」
こんな風に,友達への声援を大きな声で
身体全体で表現するのが,本来の子どもの姿ですよね。

でも,それを抑制させ「拍手でしなさい」と
指示しなければならない現実。
正直,きついです・・・・。

でも,これもまた貴重な学びであると捉えたいと思っています。

我が子の姿を,子どもたちの頑張っている様子を
直に見ることが出来てよかった。

こう言っていただけたことに,心から感謝いたします。

明日は,いよいよ最終日。
4年生と5年生の「ミニ体育祭」が行われます。
保護者の皆様,どうぞよろしくお願いいたします。

P9170032.jpg P9170035.jpg P9170040.jpg

P9170042.jpg P9170046.jpg P9170049.jpg

P9170051.jpg P9170056.jpg P9170061.jpg

P9170062.jpg P9170073.jpg P9170076.jpg

P9170080.jpg P9170084.jpg P9170087.jpg

思いが実現

「6年生,すごいなあ」
5年生である彼女の視線の先には
ユニホーム姿で,走り高跳びに挑戦している
6年生の姿が・・・・。

市の陸上記録会が中止となり
その代替として,今日「八幡小学校陸上記録会」を行いました。

競技場での記録会には,そこでしか味わえない良さが
たくさんあります。
ですから,毎年,数々のドラマが生まれるのです。

では,今日の記録会はどうだったのでしょうか?

私は開会の挨拶で,子どもたちにこう伝えました。

  陸上競技場での大会ではないけれど
  これまでの6年生とは,同じようにはできなきけれど
  皆さんが,これから経験することは
  歴代の6年生は,決して味わえなかったことなのです。
  それは何か?
  八幡小学校の先生たちが,皆さんを見ていてくれます。
  5年生以下の下級生も,皆さんを応援してくれます。
  最高学年である皆さんの頑張りを,間近で見てくれています。

まさにこれが,実現しました。
5年生を中心に,子どもたちが教室から応援しています。
先生たちも,それぞれの場所から,子どもたちを見てくれました。
そして,たくさんの保護者の皆様も。

市陸上記録会の中止が決まった時から
担任たちは「子どもたちのために,何ができるか?」を
ずっと,模索し続けてくれました。

その思いが,他の先生たちの心も動かし
今日の記録会に至ったのです。

不足に目をやれば,いくらでも不満は出てくるでしょう。
しかし,様々な課題を乗り越えて
今日の本番を終えられたことに
私は校長として,感謝しかありません。
先生たちに,そして子どもたちに・・・・。

明日は,1〜3年生のミニ体育祭。
明後日は,4・5年生のミニ体育祭が行われます。

ぜひ,子どもたちの頑張っている姿をご覧ください。
お待ちしております。

P9160030.jpg P9160031.jpg P9160034.jpg

P9160033.jpg P9160035.jpg P9160041.jpg

P9160042.jpg P9160043.jpg P9160044.jpg

P9160045.jpg P9160047.jpg P9160048.jpg

P9160062.jpg P9160067.jpg P9160076.jpg

涙の意味

1日(火)に行われた「仙台自分づくり夢教室」。
シンガーソングライターの幹 miki さんの
美しい歌声と楽しいトークを
6年生の子どもたちと一緒に,私も堪能しました。

結婚式場や復興マラソンの映像と共に流れる
幹 mikさんの歌声は,多くの人が耳にしているはずです。

生い立ちや,歌に対する思いなどを
温かい口調で
子どもたちに語りかけるように伝えてくれている姿に
いつの間にか,私も引き込まれていきました。

特に印象に残っているのが
幹 mikさんが歌手を目指すきっけとなった出来事です。

小学生の頃には,アンパンマンになりたかったという幹 mikさん。
そんな彼女が中学生になった時
カラオケで歌った歌声に,お母さんが涙します。
音楽に対して,特に憧れはなかったはずなのに
お母さんの涙が,人生の方向を決定づけました。

お母さんは,どんな思いで涙したのでしょう。
我が娘の成長した姿に,感動したのでしょうか。
それとも,その曲に何か思い出があったのでしょうか。

幹 mikさんは,お母さんに褒められたとは言っていません。
「お母さんの涙が嬉しくて」と言っていました。

私たちは日頃,子どもたちへ様々なメッセージを伝えています。
褒めるのは大事だからと
「すごいね!」「よくできた!」「立派だよ!」
などと,言葉を発しています。

でも果たしてそれは,心の底から湧き出たものでしょうか。
条件反射のように言ってはいないでしょうか。

幹 mikさんのお母さんが涙したとき
もちろん,「上手だね」とか「お母さん感動した」
という言葉が,添えられていたかもしれません。

たとえそうだったしても
幹 mikさんの心に響いたのは,言葉ではなく涙だったのです。
お母さんの素直な感情が溢れた涙だったのです。

話し方や褒め方のテクニック。
確かにこれは大事ですが
もっと大事なことは,やっぱり「心」なんだと
あらためて思った,幹 mikさんのお話でした。

P9010022.jpg P9010023.jpg P9010024.jpg

1/1