感謝,夢,決意

一昨日の水曜日,学習発表会のラストを飾って
4年生の「二分の一成人式」が行われました。

これまでの自分と,これからの自分。
10歳になった今,こうした自分を振り返る機会は
子どもたちにとって貴重な時間だったと思います。

感謝,夢,決意。
子どもたちの発表や,太鼓の音色を聞きながら
これらの言葉が浮かんできました。

会が終わり,サプライズで受け取った家族からの手紙。
大事そうに,ちょっぴり恥ずかしそうに
そして,嬉しくて嬉しくて涙を流しながら・・・。

子どもたち一人一人が
それぞれに自分を出していたあの姿は,忘れられません。

子どもたちが手にしていた手紙。

そこで目にしたのは,便せんにびっしりと埋まった文字です。
もちろん何が書いてあるのかは分かりませんでしたが
保護者の皆様の思いがストレートに伝わってきて
私はもうそれだけだけで,胸に迫る感情を抑えられませんでした。

担任たちから聞きました。
教室へ戻った子どもたちは
何度となく,手紙を読み返していたそうです。

ご協力いただいた保護者の皆様
本当にありがとうございました。

担任も申しておりましたが
私も今,身の引き締まる思いでおります。
私たちは,皆様の大切な大切なお子様を預かっているのだと。

教職員一同,子どもたちの成長のために
これからも,全力を尽くしてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

P2170034.jpg P2170056.jpg P2170081.jpg

P2170040.jpg P2170065.jpg P2170083.jpg

P2170048.jpg P2170072.jpg P2170098.jpg

自分事として

「防災」をテーマとした,5年生の学習発表会が行われました。

子どもたちは,10月に実施した野外活動での体験も生かし
自分にとって最も関心のあるテーマを選んでおり
そのテーマ毎に,グループをつくったそうです。

例えば
「災害時,子どもにできることはあるのか」
「八幡の地域では,台風や大雨で避難する時どうすればよいのか」
といったように,子どもならではの視点だったり
八幡に密着した内容だったりと,聞き応えのある発表が続きました。

内容もさることながら,プレゼンの構成をみんなで話し合う姿。
自宅に帰っても,何度も発表の練習をする姿。
このような子どもたちの頑張りが
随所に見られた発表会だったと,先生たちから聞いております。

発表用のソフトを巧み使いこなす子どもたち。
その質にも,正直驚きました。

コロナ禍によって,学校外の人や物との接触が困難な中
一人一人が,自分事として課題に向き合っている様子に触れ
嬉しい気持ちでいっぱいです。

今回も,学年委員の皆様には
受付や消毒のお手伝いをしていただきました。
そして,保護者の皆様には
検温票の提出や受付時の待機など,多大なるご協力をいただきした。

心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

P2030021.jpg P2030023.jpg P2030028.jpg

1/1