「ありがとう」探し

冬休み前の朝会で,以下の話をしました。


1年前の今日,1年生の人は幼稚園や保育園に通っていました。
2年生の皆さんは1年生。6年生の皆さんは5年生。
他の学年の人たちも,一つ前の学年でしたよね。

そして1年が過ぎました。
全員一人残らず,成長しました。
頑張りましたね。

令和3年も,あと8日で終わりを迎えます。

12月31日の大晦日。
ぜひ,皆さんにしてほしいことがあります。

今年1年を思い出してほしいのです。
ただし,「ああ,腹が立った」「いやだ」「つらかった」ではなく
「ありがとう」を見つけてほしいのです。

「ええ,そんなのないよ」と言う人がいるかもしれませんね。

でも,案外そうではないかもしれませんよ。

私は,つい最近まで,足を怪我して松葉杖をついていました。
足がはれて痛くて痛くて大変でした。
これ,とっても嫌で苦しいことでした。

でも「ありがとう」も,ちゃんとあったのです。

松葉杖をついて歩いている姿を見て
「校長先生大丈夫ですか?お大事にしてください」って
たくさんの人たちが声をかけてくれました。
皆さんや,先生方,皆さんのおうちに人たちです。
足が痛くて大変だったけれど
その度に,嬉しくて嬉しくて,心がとても温かくなりました。

だから,私にとっては
怪我をしてしまったことも「ありがとう」の1つになります。

さあ,皆さん。
いったい,いくつの「ありがとう」が見つかるでしょうか?
ぜひ,12月31日の夜に
おうちの人と一緒に「ありがとう」を出し合ってほしいなと思います。
                        (ココマデ)

江戸の人々は,除夜の鐘を聞きながら

「今年食べた,七つの美味しいもの」
「今年体験した,五つの悦び(楽しかったこと・幸せだったこと等)」
「今年出会った,三人の素敵な人」

を,家族で出し合ったそうです。
これを,七味五悦三会(しちみ ごえつ さんえ)と言います。

とっても素敵な時間ですよね。
皆様もぜひ「ありがとう」を出し合ってみては,いかがでしょうか。


保護者の皆様,地域の皆様

コロナ禍での1年が,終わろうとしております。
皆様には,例年以上に,ご心配やご迷惑をおかけしてしまいました。

それにも関わらず
本校の教育活動に,多大なるご理解とご協力を賜りましたことに
あらためて,御礼申し上げます。

ありがとうございました。

今後とも,どうぞよろしくお願いいたします。

白はと交流会

1年生と6年生。2年生と5年生。3年生と4年生。
これらの学年の組み合わせで,クラス毎に交流会を持った今月。

体育の授業でも行っている「ティーボール」なのですが
たてわりでの交流となると
校庭から聞こる子どもたちの歓声が,不思議と大きくなるのです。

6年3組と1年3組の最初のプログラムは
「進化ゲーム」でした。
二人組のじゃんけんからスタートです。

どんなペアになったと思います?
全てのペアが見事に,6年生は6年生,1年生は1年生でした。
微妙な空気感・・・。
互いの遠慮が,痛いほど伝わってきます。

でも,それは最初だけ。
時間が経つにつれて,子どもたちは学年に関係なく
楽しそうに遊び始めました。

本来なら,入学式の翌日から
6年生は1年生の教室へ出向き,お世話をします。
校歌を教えたり,読み聞かせをしたり,ゲームをしたり。
こうして,不安いっぱいの1年生は
6年生のお兄ちゃん,お姉ちゃんによって
学校生活に馴染んでいくわけです。

コロナ禍によって,こうした活動がストップしている2年間。
児童会の祭り(白はとまつり)も,同様です。

それでも,何か出来ないのか?
担当の先生方が考えた結果が,この「白はと交流会」でした。

子ども同士の関わりの大切さを,あらためて実感しています。
しかも,画面を通してではなく
直接,子どもたちが触れ合いを持つことの素晴らしさを。

PB290334.jpg PC140003.jpg PC140004.jpg

PC140006.jpg PC140009.jpg PC160021.jpg

あっという間に

「え〜,楽しい時間はあっという間に過ぎちゃうよ」
「時よ,戻って!」

子どもたちに,こう言わしめたは
2年2組の輝先生が行った
「あなのむこうはふしぎなせかい」という図工の授業です。

前時に描いた,自分の大好きな世界。
そこは,野原や森や虹といった自然があったり
ロケットや宇宙が描かれていたり・・・。
そこにぽっかりと空いている穴が一つ。

小さな自分を手に持ち
友達が描いた世界で,思い思いに遊ぶ子どもたち。
こうして様々な世界に触れることで,個々の発想がさらに広がります。

実はこの活動は,次の活動の布石になっているのです。

「これからみんなは,穴を通って,違う世界に行きますよ。
 どんな世界に行ってみたいのかな?」
こう問いかける輝先生の言葉に
楽しそうな世界を,次々と答える子どもたち。
先ほどの,交流が活きています。

気持ちが最高潮に盛り上がっている,その時
「では,画用紙を裏返して描いてごらん」のひと言。

すると,教室はあっという間に静まりかえり
子どもたちは夢中になって,もう一つの世界を描き始めました。

その後,子どもたちの交流が再び始まったのです。
固定されたグループではありません。
各々が,いろいろな友達と自然な形でつながり合い
楽しそうに遊んでいます。

「はい,じゃあ席に戻って」という
担任のひと言に返ってきたのが,冒頭に示した言葉でした。

「お友達の世界で遊んでみて,みんなどんな気持ち?」
「楽しかった!」「もっと遊びたい!」
「そうだよねえ。先生も遊びに行って,とっても楽しかったよ。
 じゃあさあ,誰かお友達の世界を紹介してくれないかなあ」

輝先生がこう投げかけると,子どもたちが次々と答えます。
発表する子も名前を出された子も,みんなとっても素敵な笑顔!

目の前の物を,本物そっくりに描写できる力も大切ですが
それと同時に,子どもの自由な発想を生かし
しかも,友達との交流を通して
さらにその世界を広げ,深める今回ようなの力も
ぜひ,子どもたちに味わってほしいと思っています。

子どもたち同士の温かな雰囲気が伝わってきた
楽しく,素晴らしい時間でした。

PC170004.jpg PC170005.jpg PC170006.jpg

PC170007.jpg PC170008.jpg PC170009.jpg

PC170013.jpg PC170014.jpg PC170015.jpg

PC170017.jpg PC170019.jpg PC170020.jpg

筆を持つ

書きぞめの練習をしているのは,4年1組の子どもたちです。

筆を手にして字を書く機会。
これは,習字を習っていない子にとっては
学校での授業のみと言ってもいいでしょう。

私たち大人でさえ
筆ペンを使うことすら,めずらしい時代です。

時代にそぐわない?

いいえ,それは違います。
筆を持つことが希な時代だからこそ
子どもたちに日本の伝統ともいうべき
筆の文化に触れさせることは,大切だと思うのです。

書写の時間のねらいには,文字の組立て方を理解し
形を整えて書くことなどがあります。
もちろん,これらを達成するための時間なのですが
筆・墨・硯などの日本の伝統文化に触れる時間でもある
と思っています。

2時間連続での書きぞめの練習でした。

微かな墨の香りと,静寂に包まれた教室。

子どもたちは,筆に墨をふくませ穂先を整えます。
そして,いざ書き始めようとする瞬間
また筆を硯に戻す子・・・。
たった二文字を書くだけなのに
書き終えると,ふうーっと息を吐き出す子もいます。
ものすごい集中力です。

笑い声や,身体を思い切り動かす楽しさはありませんが
自分と向き合い,自分と対話しながら進める
このような時間もまた
子どもたちには,必要だと思っています。

だからこそ,無くしてはならない大切なものを守り
子どもたちに伝え続ける使命が
学校にはあるということを
私たち教師は,忘れてはならない。

今,強く思っています。

PC150001.jpg PC150002.jpg PC150003.jpg

PC150004.jpg PC150005.jpg PC150006.jpg

PC150010.jpg PC150012.jpg PC150014.jpg

交流会

昨日,6年生が堺市立市(いち)小学校の6年生と
交流会を持ちました。

互いにすずめ踊りを大切にしている学校です。
今回の交流は
すずめ踊りをもとにした創作ダンスを披露し合うこと。
もう一つは,場所を教室に移し
グループ毎に交流を深めることの二本立てでした。

子どもたちは,学習発表会で演技したダンスを
二クラス同時に,体育館いっぱいに広がっての披露です。

アレンジの違いがより一層浮き彫りになり
集団の力の深まりを実感できた,まさに圧巻の演技でした。

教室でのグループ交流では
はじめは互いにぎこちないやり取りがあったけれど
それも,ほんの数分の出来事。
すぐに,旧知の仲のような雰囲気になり
どのグループも笑い声が絶えません。

ご当地クイズを出し合ったり,方言の違いを出し合ったり
最後の方では
ほぼほぼ,アドリブでのやり取りになっていました。

子どもって,本当に凄いですね!

将来,子どもたちが成長し
大学生活や社会人としての生活の中で
「えっ!まさかあの時の!?」
なんていう出会いが,絶対にないとは言えませんよね。

むしろ,「奇跡よ起きてくれ!」と,願ってしまう私がいます。
画面を通してしか知らなかった人と
手を取り合って再会を喜べたら,最高じゃないですか。

わずか1時間足らずの交流会でしたが
子どもたちの心に残った思い出は
何時間分にも匹敵する思い出だったと思います。

交流会のためにご尽力いただいた関係者の皆様に
あらてめて,心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

PC160032.jpg PC160034.jpg PC160036.jpg

PC160045.jpg PC160049.jpg PC160051.jpg

PC160056.jpg PC160057.jpg PC160064.jpg

感動

仙台フィルから5名の演奏家をお招きして
ミニオーケストラが開かれたのは,10月26日でした。
5年生の子どもたちが鑑賞しました。

素晴らしい演奏の合間には,楽器の紹介をしてくれたり
ホルンの仕組みを,ホースとじょうごを使って
わかりやすく説明してくれたりと
あっという間に時間が過ぎていきました。

やっぱり,ライブは最高ですね。

音との触れ合いはもちろんですが
そこには,確実に人との触れ合いがあります。
しかも,息づかいまでもが間近で感じられ
耳と目だけではなく
身体全部で音楽を感じられた時間。
なんと幸せなことでしょう。

そしてもう一つ,強く思ったことは
感動することって
とってもとっても大切なことなんだということです。

生きるためには,衣食住が必要不可欠です。
知識も必要です。
でも,これらがどんなに満たされたとしても
心が貧しかったら
幸せはおそらく,永遠に訪れないでしょう。

感動は,心を豊かにしてくれます。

皆さんは,最近どんなことに感動しましたか?

「こんな時代,こんな世の中だから
 感動なんてできるわけないだろう」

確かに,そんな一面もあるとは思いますが
意外にも身近なところで
感動は見つけられるかもしれませんよね。

PA260001.jpg PA260004.jpg PA260005.jpg

PA260009.jpg PA260014.jpg PA260021.jpg

力を合わせて

雪が舞った今朝
さっそく1年生の子どもたちが,校長室にいる私に向かって
「校長先生,雪降ってたよ!」
と教えてくれました。
あの,うらやましくなるほどのわくわく感!
いいですねえ。

今週30日に行われた6年生の学習発表会をもって
全学年の公開が終わりました。

お忙しい中,たくさんの保護者の皆様に足を運んでいただき
感謝申し上げます。

どの学年のどの子たちも
精一杯,今の自分を表現していたと思います。

始まる前の緊張感。
終わった瞬間のホッとした気持ち。
創り上げる段階では
不安や焦りなどが,あったかもしれません。

でも,これらの感情も体験も,全てがよかったのだと思います。

発表が済んだ後
「子どもたちは力を合わせて」
「力を合わせる経験を通して」
と,「力を合わせる」ことの意義を,多くの担任が伝えていたことに
私は嬉しくなりました。

「みんなで」とか「集団で」と言うと
このマイナス部分を強調する人がいますが,私は違う立場です。

みんなで一つのものを創り上げる達成感や喜びは
生きる上で必要な感情です。
さらに言えば,途中で味わう不安や焦りなどの感情も
必要だと思っています。

誰かといるいうことは
生きるということは
自分の思いどおりにはならないこともあるという経験を
大人になる前にしておくこと。
これは,とても大切なことではないでしょうか。

学校とは,単なる知識の習得を目指す場所ではありません。
休み時間や給食・掃除の時間
そして様々な行事の時間を通して
子どもたちは,多くのことを学んでいくのです。
もちろん,日々の授業を通しても。

冬休みを迎える前に,校庭は雪景色になるのでしょうか。

子どもたちの喜ぶ顔が目に浮かびます。
先生たちと戯れている歓声が,聞こえてきます。

1/1