雪玉の攻防

業間時間に雪遊びができた昨日。
2・4・6年生の子どもたちが,存分に遊べました。

先週の雪の日は,1・3・5年生は遊べたのですが
昼休みには雪が無くなってしまったので
かわいそうなことをしました。

でもこれで,全学年が雪で遊べたので,ほっとしています。

さて,白い帽子をかぶり
雪玉の一斉攻撃を受けているのは,咲希先生です。
まるで,1年前の光景を見ているようでした。
当時の4年生とも,同じように戦っていましたから(笑)。

子どもたちに追いかけられ,逃げる咲希先生。
しかし多勢に無勢,あっという間に取り囲まれ・・・。
私は,流れ弾?に当たらぬよう
気を付けながらカメラを向けていました。

息をはあはあと吐きながら
「6年生って,やっぱり力が強いですよねえ。
 4年生も凄いって思いましたけど,全然違うんですよ。
 雪玉が当たると痛くって」
と,話してくれた咲希先生。

「痛さも愛だぞ!」なんて
トンチンカンなことは,さすがに言わなかったけれど
子どもと一緒になって遊んでいる姿は,まさに愛そのもの。

卒業を控えた子どもたちにとっても
すてきな思い出ができたと思います。

「校長先生!」
雪玉を隠すように
にこにこしながら近づいてくる6年生の女の子。
「あっ,遠慮する遠慮する。気にしないで。
 これねえ,フリじゃないぞ!」
と,逃げきったと思ったら
近くで見ていた4年生男の子たちが
にやりとして,雪玉を投げるふりをしてきました。

危ない,危ない。逃げるが勝ちです(笑)

こんなにも無邪気で,素直な子どもたち。

あっという間に,業間時間は終わってしまいました。

P1180001.jpg P1180003.jpg P1180005.jpg

P1180006.jpg P1180007.jpg P1180012.jpg

今日は大崎八幡宮のどんと際,裸参りの日です。

例年,第一中学校の皆さんと共に参加している
八幡小にとっては,大切な行事の一つでもある裸参り。

昨年度は,コロナ禍の影響で,早々に参加を取りやめました。
今回は,参加するために準備を進めていましたが
年が明けてからのオミクロン株の影響もあり
急遽,今年度も不参加を決めた次第です。

奉納するはずだった祈願板の一文字は「愛」としました。

写真は,郡山小学校長として昨年度末に退職された
元八幡小教頭の小野寺 東史 先生に書いていたただいた書です。
奉納が出来なかったので,職員玄関に飾らせていただきました。

教育の原点は愛である。
これは私が学校経営を示す際に,最初に出てくる一文です。

コロナ禍の今,私たちは多くのことを学んでいます。
日常の当たり前が,いかに有り難いことなのか。
人と直接語り合い触れ合うことが,いかに心に潤いをもたらすのか。 
どれだけたくさんの人に支えられ生きているのか。

ヘレン・ケラーは,次のような言葉を残しています。
「この世界で最も美しいものは
 実は見えたり聞こえたりするものじゃなく
 心で感じるものなんじゃないでしょうか」と。

まさに,愛そのものですよね。

何かが出来るとか,出来ないとか
何かがあるとか,無いとか・・・。
そんなことは一切関係なく
子どもは,そして人は,存在そのものが素晴らしいのです。
存在そのものが美しいのです。

これが教育の原点であると,私は思っています。

「理想論を語るな。現実はどうなっているんだ」
こう,お叱りを受けることは承知しています。
力及ばずであることも,心からお詫びいたします。

しかし,教師が理想を語らなくなったら終わりではないでしょうか。
教師が夢を語らずして
子どもたちに夢を持たせることは,できるのでしょうか。

愛のある学校を実現すべく,最後まで努力して参ります。
ご理解とご協力を,心からお願い申し上げます。

P1130004.jpg P1130005.jpg P1130006.jpg

登校の時間帯。
ふと校庭を見ると・・・。

ほぼ雪が溶けてしまった校庭には
昨夜の冷え込みでできた無数の氷がありました。
それは,足跡の形だったり水たまりの形だったり。

するとなぜか,いや当然のごとく?
子どもたちの注目は,足元へ向かいます。

校庭のいたるところで,皆同じような動きをしている子どもたち。
それが,なんとも言えずかわらしいのです。

かがとを使って氷を割っています。
中には,振り上げた足の勢いそのままに
後ろに転んでしまう子もいるほど。

ちょっと大きめな水たまりの上では,スケートの真似をしている子も。

「校長先生,ほら,めちゃくちゃきれいな氷。
 校長先生の顔,見えるよ!」
氷をレンズに見立てながら,私に話しかけてきた男の子。

そう言えば子どもの頃
軒先にできた氷柱を,なめたことがあったっけ。
当時の私にとっては,太陽の光に反射する氷柱は
それはそれは美しい氷だったのですが・・・(笑)

そんなことも思い出しました。

無邪気に遊ぶ子どもたちの姿に,童心に戻れました。
太陽の光と,朝の冷たい空気に触れながら
清々しい気持ちで満たされたひととき。

まさに,教師冥利に尽きる一瞬です。

P1130015.jpg P1130016.jpg P1130017.jpg

P1130018.jpg P1130028.jpg P1130034.jpg

子どもたちにとっては,待ちに待ったこの景色。
校庭はあっという間に銀世界となりました。

2時間目の休み時間。
そこには,1・3・5年生の嬉しそうな
顔・顔・顔!

積雪にしたら,わずか数センチなのですが
もう十分とばかりに,雪玉をつくっては投げ合っています。

昼休みになると,校庭の半分くらいは
地面が見え始めてしまいました。
雪だるまを作るには,まだまだ足りません。

いつも思います。
子どもたちが遊ぶ場所にだけ,雪が降ってくれと。
雪遊びは,冬しか出来ませんからね。

一昨年の冬のように,校庭にたくさんの雪が積もり
子どもたちと先生が一緒になって
大はしゃぎする光景を,もう一度見てみたい。
そんな気持ちでいっぱいです。

立派な遊び道具がなくても,楽しい事ってたくさんあるよ。
寒さなんて関係ないよ。
こう思える子は,たくさんいます。
時代に関係なくいます。昭和の子どもの特権なんかではありません。

雪は,まさにそれ。
せめてあと1〜2回,子どもたちが存分に雪遊びが出来ますように。

P1120005.jpg P1120008.jpg P1120011.jpg

目標に向かって

明けましておめでとうございます。

朝会での話です。

新年を迎えて,皆さんはおそらく
「今年は,これをがんばろう」とか
「卒業までに,修了式までに,これをがんばろう」
といった目標を立てたと思います。

さて,これを見てください。

下がスタートです。
一直線に,上のゴールまで線が伸びていますね。
スタートしてから,一番短い距離で目標を達成しています。

最高の結果です。
もし,こんな具合に目標を達成出来たら,嬉しいですよね。

もう一つはこちらです。
スタートしてから右に行ったり左に行ったり,思うようにはなりません。
後戻りまでしています。
こうして,やっとのことでゴールし,目標達成です。

皆さんは,どちらの経験がいいですか?

途中で,何のトラブルもなく
迷うことも,落ち込むこともない青のテープ。
かたや,思うようにいかない赤のテープ。

きっと,ほとんどの人は,青のテープですよね。
では,この赤のテープのように
あっちに行ったり,こっちに行ったり
時には後戻りしてしまうのは,無駄なことなのでしょうか。

みなさん,どう思いますか?

この赤のテープを,伸ばしてみますね。
すると,これだけ伸びました。くねくね曲がった分です。

この伸びた分は
悔しい思いや不安な思い,もう嫌だという気持ちになった分です。
決してうれしいことではないけれど,それだけはないはず。

辛い思いをしている時
友達や先生に,励ましてもらった喜び。

昨日できなかったけれど
ほんの少しだけど,できるようなった感動。

悔しい気持ちが強ければ強いほど,喜びは大きくなります。

寂しい気持ちが,大きければ大きいほど
人の優しさを,より強く感じられます。

だから,この右に行ったり左に行ったり
時には後戻りしてしまう経験は
無駄どころか,皆さんにとっては素晴らしい経験なのです。

ですから,最後まであきらめないでください。

上手くいかないことがあっても
「ああ,今とってもいい経験をしているな」と思ってください。

そして続けるのです。
そうすれば,必ず目標は達成されます。(ココマデ)

目標を立てるのは簡単です。
それを続けるのは,かなり難しいことです。
私は,くじけてしまったことが何度もあります。

不安やあきらめの気持ちが顔を出すと
もうそれだけで逃げ出したくなる。

隣にいるあの人は,上手くいっているのに・・・と
自分を責める。

子どもたちが,もしそうなったとしても
「大丈夫だよ」
と,声をかけられる大人でありたいなと思っています。

2022年がスタートしました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

P1110001.jpg P1110002.jpg P1110003.jpg

1/1