三つの幸せ

あの猛暑が嘘のような,肌寒い1日ですね。

朝からずっと雨が降っており
子どもたちは,大好きな外遊びができません。

今,昼休みが始まりました。
リコーダーの音色が,校長室まで聞こえてきます。

子どもたちは,教室で
思い思いに過ごしているのでしょう。

図書室で,本を読んでいる子もいるのかな?

学校が始まって2日目。
体調を整える意味では,雨はむしろ,いいのかもしれませんね。

昨日の朝会で,子どもたちに以下のことを伝えました。


人間には,三つの幸せがあると言われています。何だか分かりますか?

一つ目は「してもらう幸せ」です。

みんながまだ小さかった頃
おうちの人にごはんを食べさせてもらったり
お風呂で髪を洗ってもらったりしたことがあったと思います。
おうちの人から何かをしてもらったとき,うれしかったはずです。
安心したはずです。

とても幸せな気持ちになりますよね。
これが「してもらう幸せ」です。

二つ目は「できる幸せ」です。

できなかったことができるようになった時,とても嬉しい気持ちになりますよね。
 
自転車に乗れるようになった!
初めて25辰魃砲欧拭
どれも,自分でできるようになった時は幸せを感じます。

さあ,三つ目の幸せですが,何だと思いますか?

実はこれが一番大事だし,校長先生が
今日から始まる学校生活でぜひ皆さんに挑戦して欲しいことなのです。

それは「してあげる幸せ」です。

誰かが困っている時に助けてあげる。
友達が独りぼっちでいたら声をかけてあげるなど
誰かに対して「してあげる幸せ」。
これが一番大切なのです。
 
友達にいろいろしてあげれば
その人は笑顔になりますし,喜びます。

その喜んだ姿を見ることで,自分も幸せになれるのです。
 
これは,人間だけが味わえる「特別で,最高の幸せ」なのです。

人に対して優しくできる人の周りには
いい人が集まってきて,みんなが幸せになれます。

八幡小学校が,ぜひ幸せであふれる学校になってほしい
笑顔がいっぱいあふれる学校になってほしいと
校長先生は思っています。

「してあげる幸せ」を
一人でも多くの皆さんが味わっている姿を,ぜひ見せてください。

みなさんならそれができると,信じています。


以上が,話の内容です。

「ありがとう」の言葉が
子どもたちの口から自然に出てくるようになったらいいな・・・
と,思っています。

そのためには,まず私たち大人が

「ありがとう」+「笑顔」

を伝え合いたいですよね。

<< 「校長室ブログ」始めます! Site Top さ〜て,続きは・・・。 >>

Comments

Trackbacks

Trackback Url: