1日目の夜

私が到着したときにはすでに,夕飯を食べ終える頃でした。

今では,当たり前となった
全員が同じ方向を見て食べる食事風景。
一瞬たじろぎましたが
子どもたちは,そんな中でも実に楽しそうです。

「美味しかったあ!」
と,空になった食器を見せてくれる子。
「これ,おかわり」
と,なみなみと味噌汁が入ったおわんを口にする子。

ハイキングから始まった昼間の活動。
そしてみんなで食べているという雰囲気。
子どもたちの食欲が,いつもより増しているのは
きっとこれらのことが,関係しているのでしょう。

後片付けは,実に整然と行われました。
「ごちそうさまでした。すっごく美味しかったです」
食堂の方にこう伝えていた男の子。
本心から出たのだろうなあと伝わったこの言葉に
私まで嬉しくなった瞬間です。

部屋に戻り,四隅に布団を敷き
しばしの自由時間を楽しむ子どもたち。
そして,入浴・夜の自然体験とプログラムは進んでいきました。

熊が出没した関係で
ゲレンデでの漆黒の闇の体験は,叶わなかったのですが
非日常を体感することは出来たようです。

2日目の活動も,順調にスタートしたと連絡が入りました。

子どもたちは今,火起こし・ボンファイヤーをしています。

野活1.jpg 野活2.jpg 野活3.jpg

野活4.jpg 野活5.jpg 野活6.jpg

野活7.jpg 野活8.jpg 野活9.jpg

野活10.jpg 野活11.jpg 野活.jpg

野活スタート!

子どもたち,そして先生たちの想いが通じたのでしょう。
最高の秋晴れの下
5年生の野外活動がスタートしました。

8時に集合のはずなのに
7時半にはすでに,十数名の子どもたちの姿が。

「野活のことを考えると,身体が震えるくらい楽しみなんだ」
と話してくれた男子もいます。

一人の欠席もなく,129名全員の顔がそろいました。
嬉しいですねえ。本当によかった。

「みんなで,存分に2日間を楽しんで!」
これが,私からのメッセージです。

どんな思い出を胸に,明日帰ってくるのでしょうね。
楽しみでなりません。

PA270002.jpg PA270003.jpg PA270006.jpg

PA270007.jpg PA270008.jpg PA270010.jpg

PA270011.jpg PA270013.jpg PA270015.jpg

金木犀

心地よい秋空の下
子どもたちの元気な声が,校庭に響いていました。

緑化委員が,草花の手入れをしています。
雑草だらけだった花壇は,子どもたちのおかげで
今も美しさを維持しています。

鉄棒で遊ぶ6年生。
ドッジボールをしている2年生や4年生。

校庭の西側にある金木犀の下に
2年生の女の子たちが,集まっています。

何だろうと思って近づいてみると
風に舞う花びらや,地面に落ちた花びらを
帽子の中に入れていました。

「これどうするの?」と聞くと
「え〜,どうしようかなあ」という答え。

きっと,集めてみたくなったのですよね。

そう言えば先週,1年生の男の子が
「おばあちゃんにプレゼントにするんだ!」
と言って,ビニル袋に入れた金木犀の花びらを
見せてくれました。

何気ない日常の風景。
子どもたちの,飾りっ気の無い行動や言葉に触れると
心が和みます。

2学期がスタートしました。

保護者の皆様,地域の皆様
今学期もどうぞよろしくお願いいたします。

PA130060.jpg PA130061.jpg PA130065.jpg

PA130070.jpg PA130071.jpg PA130073.jpg

子どもたちの思い

テレビ放送で行った1学期の終業式。こんな話をしました。

今日で1学期が終わります。
学校生活の中で
自分が頑張ったことを3つ思い出してみてください。
その中で,一番頑張ったことを1つ選びます。

そのときの自分に,声をかけてあげるとしたら今
何て言いますか?
心の中で,頑張った自分に声をかけてごらん。

では,静かに目を閉じます。
今度は,今声をかけた自分の写真を撮りますよ。
どんな表情をしていますか?
笑顔でしょうか? 真剣な顔でしょうか?
みんな素敵な表情をしているはずですよね。

では次です。
顔のアップの写真から,全身を写していくように
少しずつカメラを引いていきますよ。
自分以外の周りの様子も写るようにね。

さあ,そこには何が見えますか?
きっと・・・,友達の姿や先生の姿が見えるはずです。

目を開けてください。

学校生活がもし,自分以外の誰も居なかったらどうでしょう。
先生も友達も誰も居ない教室や校庭。物音一つしません。
そんな教室や校庭で,たった一人で勉強したって遊んだって
それが毎日続いたら・・・。

校内陸上記録会やミニ体育祭だって
友達と一緒だったから
頑張れたし楽しかったし,悔しさもあったはずです。
(以下略)


コロナ禍の中で過ごした84日間の学校生活。
一人一人の子どもたちは
それぞれが,精一杯がんばっていました。

その思い出の中には,必ず,友達がいたし先生たちもいたはずです。

友達や先生とのつながりがあるからこそ学校だし
また,ここを大切にしていかなければならないとも思うのです。

私の話が終了後,児童代表の発表が行われ
3人の子どもたちが,1学期を振り返ってくれました。
一部を抜粋します。

  わたしが,1学きにがんばったことをしょうかいします。
 三つあります。
  一つ目は,ザリガニの絵です。図工の時間にかきました。
 二年生でザリガニをかっていて,みんなで本物を見てかきました。
  先生が「大きくかけば,こまかいところまで見えますよ」
 と言ったのを聞いてかきました。そうしたら上手にかけて
 友だちも「すごいね」と言ってくれました。  (2年女児)


  5月から,分散登校が始まり,わたしは教室に入ったとたん
 何だか幸せな気持ちになりました。一部の友達にやっと会うこと
 ができて,本当にうれしかったです。(略)
  ようやく6月から全員でのじゅ業がさい開し,みんなそろって
 勉強することがうれしくて,楽しかったことを今でもはっきり
 覚えています。あの時の気持ちは,わすれられません。
  今まで苦手だと思っていた理科のじゅ業も,楽しく感じました。
 それは,みんなといっしょにいるだけで,楽しい気持ちになった
 からだと思います。             (4年女児)


 (校内陸上記録会の)競技中には,他の学年から声援をもらい力
 がわいてきました。これは,学校でやったからこそ味わえた幸せ
 でした。
  また,授業では,学校でしかできない,話し合って考えを深め
 る学習をしました。家での勉強と違って,友達と意見を交わし,
 とても楽しく学習をすることができました。
  今まで,当たり前だった何気ない学校生活は,当たり前ではな
 いことを知りました。
  そんな1学期も今日で終わりです。6年生の学校生活も残りが
 半分になりました。いろいろありましたが,マスクを付けながら
 でも友達と会って話をすることだけで幸せです。
  これからも仲間と協力して,残りの日々を,理想の6年生に近
 づくための充実した2学期にしたいです。   (6年男児)


子どもたちが,望んでいることや求めていることを
私たち教師は,決して忘れてはならない。
こう強く思いました。

3人それぞれの思いのこもったの作文を聞いていたら,涙が・・・。

気がつけば,一緒に聞いていた五十嵐先生や加賀先生の目にも
涙が浮かんでいました。

初めての通信票

今日は,小学校に入学して初めて通信票をもらう日。
そんな1年生の教室をのぞいてみたら・・・。

子どもたち一人一人に,先生からの言葉のプレゼントが!

恥ずかしそうに首をかしげている子。
うんうんと,何度も頷く子。
緊張の面持ちで耳を傾けている子。

渡された通信票を手に
大切そうにランドセルにしまう子もいれば
しばらく自分の席で,じっと見入っている子もいました。

初めてもらった通信票を囲んで
今夜は,どんな会話になるのかな?

PA090071.jpg PA090082.jpg PA090061.jpg

PA090087.jpg PA090088.jpg PA090093.jpg

PA090064.jpg PA090080.jpg PA090077.jpg

1/1