言葉のセンス

短歌集『サラダ記念日』で有名な,歌人の俵 万智さん。

「この味がいいね」と君が言ったから 七月六日はサラダ記念日

本のタイトルにもなった歌です。
1987年に発売され,280万部の大ベストセラーになりました。

さて,以下の文章は,俵 万智さんが息子さん(当時3年生)との会話を
ツイッターでつぶやいたものです。

◆宿題を少しやっては「疲れた〜」と投げ出す息子。
 「遊んでいるときは全然疲れないのにね」
 とイヤミを言ったら
 「集中は疲れるけど,夢中は疲れないんだよ!」
 と言い返えされました。
   ※私が「夢中」という言葉を好きなったきっかけが
    このツイッターです。

◆友達の不注意で,右手親指を負傷した息子。相手は譲らず,冷戦状態。
 「今日はひとこと言ってやる」と登校した。
 「何て言ったの?」
 と聞くと
 「お前のせいで,オレは毎朝うんこを左手でふいている!」
 ・・・・相手は吹き出し,仲直りできたとさ。
   ※「謝れっ!」と
     すぐに怒鳴るどこかの大人よりよっぽど知的ですよね。

◆タブレットのWiFi環境を,ちゃっちゃと整えてくれた息子。
 「目に見える線でつながっているのが有線,WiFiみたいなのは無線だよ」
 と教えてやったら,寝る前に
 「有線でお願いします」
 と手をつないできた。
   ※たまらないですよねえ。
    こんなことを言われちゃったら,ママは1日の疲れが
    いっぺんに吹き飛んじゃうどころか感動して眠れないかも!

それにしても
「なんてセンスがいい子なんだろう」と感心してしまいます。

「雪が溶けたら何になりますか」というテストの問題に
「春になる」と解答した子ども。

テストですから,当然答えは「水」なのですが
こういう感性を子どもは持ち合わせています。

それを伸ばすもつぶすも,大人しだい。

子どもたちのつぶやきを
一緒になって,驚いたり楽しんだりできる大人。

こうあり続けたいですよね。

伝えるということ

校庭の日陰に残っていた雪が
今日の暖かさで,一気に溶けていました。
下校の時間,できた水たまりに入って遊んでいる
1年生の姿を姿を発見。(いいですね!)

今週は,19日(火)に1年生の学習発表会が行われ
そして今日は,3年生の学習発表会が行われました。

1年生は
この半年間の学びで出来るようになったことの発表です。
跳び箱やマット運動・縄跳び,音読など
自分が頑張ったことを披露する姿に
成長の跡を感じずにはいられませんでした。

3年生は,総合的な学習の時間にまとめ上げた
「環境問題について」の発表です。

本当は,ワークショップ形式での発表を行う予定でしたが
コロナの感染拡大を受けて,ステージ上での発表に
急遽切り替えて行われました。
子どもたちが,自分の視点で「出来ること」を考え
それを伝えようとしていたことに,感心しました。

「披露する,発表する」ことを通して
自分を表現したり,思いや考えを伝えたりする活動は
子どもたちにとって必要な力を養います。

コロナ禍の中で,様々な人たちの交流や自由な体験が
制限されてしまう今ですが
なんとか工夫しながら,こうした活動を行っていきたい
こうあらためて思いました。

P1190001.jpg P1190008.jpg P1190010.jpg

P1220012.jpg P1220014.jpg P1220016.jpg

成功の反対

明けましておめでとうございます。
本年も,どうぞよろしくお願いいたします。

冬休み明けの朝会です。

今日は,この1年が皆さんにとって
「いい年,楽しい年」になるためのヒントをお話します。

物事が上手くいったとき,こんな言葉を発しますよね。
「やったあ!大成功!」

この「成功」の反対の言葉は,何か知ってますか?
たぶん,皆さんが思い浮かべた言葉は,これですよね。
「失敗」

確かに,言葉の意味としてはこれで正解なのですが。
別の考え方を知りました。

成功の反対は,失敗ではなく「何もしないこと」。

やってみて上手くいなかったら
それは失敗ではなく
別な方法でやってみればいいとか
違う考え方をすればいいと,分かったということ。

何もしなければ,これすら分かりませんよね。(ココマデ)

実際には,たとえとして
授業中の発言や,見逃し三振の話をしました。

とは言うものの・・・
誰だって,失敗するのは嫌だし,出来れば避けたいですよね。
私も,本音はそうです。
だからこそ,一歩踏み出す勇気が必要だと言われるのでしょう。
鍵は,本人の「強い意志」。

でも,これだけじゃ辛いと思います。

「這えば立て,立てば歩めの親心」
赤ちゃんが,何度転んでもくじけずに一歩を踏み出せるのは
周りの大人の賞賛があるからではないでしょうか。

ここに描かれている親の姿は
笑顔と励ましの声であって,怒りと恫喝ではありません。
ですから,子どもたちの成長に欠かせないのは
やはり,私たち大人の関わり方なのだと思います。

今年度の本校のスローガンは
「一歩ふみだそう!自分を信じて仲間を信じて」です。
子どもたちと共に
その実現に向けて,歩んでいきたいと思います。

ご理解とご協力を,よろしくお願いいたします。

1/1