お待ちしております

児童公開が,無事終了しました。

子どもたちにとって,誰かに観てもらうというのは
いい意味で緊張感がありますし
それがまた,励みにもなるものです。

「なんかあ,気持ちよかった!」
と,晴れ晴れとした顔で,感想を伝えてくれた子。

反対に,今までは難なくできていたのに
「えっ,なんで?」
という間違いをしてしまったと,つぶやく子もいました。

いいですねえ。
どちらも,貴重な経験です。

1回目の本番。
ということは,2回目の本番が控えているわけで
そこに向けて子どもたちは,今日も頑張っているのです。
もちろん,先生たちも。

残り3日間で,どこを修正すれば
より子どもたちが輝けるのか?
昨日の反省会では,互いに意見を述べ合いました。

率直な感想や改善案など
単なる否定やダメ出しで終わらない話合い。
これができる先生たちを,校長として誇りに思います。

土曜日の保護者公開には
どうぞ,ご家族皆様でお越しください。

体育館の中は,かなりの冷え込みが予想されます。
防寒のご準備を
くれぐれもよろしくお願いいたします。

では,心よりお待ちしております。

PB260109.jpg PB260110.jpg PB260115.jpg

PB260120.jpg PB260129.jpg PB260140.jpg

PB260143.jpg PB260148.jpg PB260150.jpg

明日は児童公開

11月11日(月)。ちょうど2週間前の様子です。
劇も,合奏・合唱も,ダンスも
まだまだ,完成にはほど遠い状態でした。

ちょっと進めては,ストップ。
修正を加えて,もう一度やり直し。

業間や昼休み。
音楽室や体育館での自主練習。
台本や楽譜とにらめっこしながら
何度も何度も繰り返し練習していた子どもたちです。

PB110077.jpg PB110078.jpg PB110079.jpg

PB110082.jpg PB110085.jpg PB110088.jpg


そして,児童公開を明日に控えた今日。
体育館では,本番さながらの練習が行われました。

入場の待機場所へ向かう3年生の男の子に
「パワー全開でがんばる!」
と声をかけられ
思わず,ハイタッチ!

どの学年も,立派に仕上がっていました。

明日の児童公開では
存分に力を発揮してくれることでしょう。

楽しみです!

PB250128.jpg PB250132.jpg PB250136.jpg

PB250141.jpg PB250145.jpg PB250147.jpg

あなたであること

「あかちゃんだった あなたは
 からだと こここを ふくらませ
 ちいさな いちにんまえに なりました

 そして さらに
 あらゆることを あじわって
 おおきな おとこのひとや おんなのひとに
 なるのでしょう

 でも あなたに とって
 たいせつなのは・・・・」

私はここで,子どもたちに問いかけました。
「何だと思う?」

2年2組での読み聞かせの一コマです。
子どもたちに紹介したのは
『たいせつなこと』という絵本。
  マーガレット・ワイズ・ブラウン 作
  レナード・ワイスガード 絵 (フレーベル館)

ページをめくりました。

私が,ゆっくりと
「あなたが あなたで あること」
と読んだ時の,子どもたちの目・・・・。

一瞬,時間が止まったような感じがしました。

「誰かと比べるとか おうちの人や先生に言われたとか
 そんなことは,全然関係なくってね
 自分が
 一番ニコニコできること
 ふんわりと,心があったかくなること。 
 これが,『あなたが あなたで あること』
 だと,校長先生は思うんだ」

私がこう話すと
何かを思い浮かべている
いや,何かを思い浮かべようとしている
そんな表情を,子どもたちは見せてくれました。

この時,子どもたちは何を思い描いたのかを紹介します。
・お友達や家族と遊ぶこと
・いっぱいお話をすること
・ご飯を食べるとき
・みんながにこにこしているとき
・お友達がいるということ    等々

なんてステキなんでしょう!

70年前に書かれ,世界中の人に愛され続けた絵本。
「スプーン」「ひな菊」「雨」「草」などの
大切なことが表現され,最後に登場するのが「あなた」。

皆さんにとって
「あなたが あなたで あること」とは
どんなこと・・・・
どんなとき・・・・  ですか?

PB200104.jpg PB200106.jpg PB200107.jpg

されど掃除

子どもたちは,毎日掃除をしています。
教室はもちろん,廊下やトイレ,昇降口など
自分たちが使う場所は,自分たちで掃除をしています。

「中学校の教師は,新入生を理解するとき
 清掃させてみれば分かると言う。
 どんなに気の利いたことを言っても,ごまをすっていても
 清掃がまじめにできない生徒はその程度だと言う。」
       (大森 修 著『学校づくりはドラマだ』p17より)

掃除をどんなに真面目にやっても
算数のテストで,100点は取れません。

むしろ,掃除の時間を,計算練習の時間に充てた方が
テスト対策としては良いのかもしれません。

でも私は,もし学校がそうなってしまったら
おしまいだと思っています。

学校は,特に小学校は
テストで100点を取らせるためだけに
存在しているのではないと,思っているからです。

子どもたちは,掃除を通して様々なことを学びます。

先に紹介した大森氏は
教師から見た子どもの在り方を記していますが
それだけではありません。

「校長先生,床を拭いたら雑巾が真っ黒になってね。
 でも,水道でちゃん洗ったら,こんなに真っ白になった」
と言って,雑巾を見せてくれた子。

「もう〜,ちゃんと掃除やってよ」
と言っている子。そして,それを言われている子。

ほうきで,ゴミをちり取りに集めている子。
掃きやすいようにちり取りを傾け
ゴミ箱まで捨てに行く子。

例えば,これらの子どもたちが
何かを感じ,思い,考え,行動することで
とても,大切なことを学んでいると思うのです。

たかが掃除。されど掃除。

掃除の時間を大切にする,そんな学校を目指します。

PB190105.jpg PB190106.jpg PB190108.jpg

PB190109.jpg PB190110.jpg PB190115.jpg

バザー開催

9日(土)にPTA主催のバザーが開催され
多くの皆様に,楽しんでいただけたようです。

皆様からお寄せいただいた貴重な品々。
これらは,バザー開始と同時に次々と売れていきました。

子どもたちはというと
射的や,くじ,水ヨーヨーのコーナーに夢中です!

また,角五郎丁町内会の皆様が作ってくれた
きなこ餅とあんこ餅を
何度もおかわりしている子もいました。

私もいただきましたが,つきたてのお餅の味は格別でしたよ。

各ブースには,手作りの素敵な品物が,所狭しと並んでいます。
列車の模型や絵はがきもありました。

どの品物をとっても,手作りの温かさとぬくもりが
伝わってくるものばかり。

開催日が変更となり
規模も縮小せざるを得なかったので,そこだけが残念でした。

バザーが終了する頃
校庭で野球の練習をしていた子どもたちが
体育館にやってきました。

彼らは,射的に挑戦しています。
と,それを目撃した私は,負けず嫌いの血が騒ぎ
勝負を挑んだのです。

昭和世代としては,負けるわけにはいきません。

結果は・・・・。
仲良く,二対二の引き分け。

「ホントは勝てたけど」なんて負け惜しみは言いませんよ!

あっという間の2時間でした。

お世話いただいた皆様
会場の準備や販売,後片付けと,本当にありがとうございました!

PB090002.jpg PB090021.jpg PB090005.jpg

PB090006.jpg PB090011.jpg PB090014.jpg

PB090016.jpg PB090018.jpg PB090019.jpg

PB090023.jpg PB090024.jpg PB090007.jpg

PB090032.jpg PB090034.jpg PB090051.jpg

子どもたちから

何かをするとき
ついつい,見返りを期待したり
「やってあげた感」を出してみたり・・・・。

浅はかな私などは
そんな自分を見つけてしまうことがあります。

でも,落ち葉掃きをしている今朝の6年生からは
全く感じられなかったどころか
むしろ,落ち葉掃きを楽しんでいるようにも見えました。

ですから私も,本心から
「ありがとう」と言えたのだと思います。

相田みつを氏の「のに」という詩を思い出しました。


あんなに世話を
してやったのに
ろくなあいさつもない

あんなに親切に
してあげたのに
あんなに一所懸命
つくしたのに
のに・・・・
のに・・・・
のに・・・・

〈のに〉が出たときはぐち
こっちに〈のに〉がつくと
むこうは
「恩に着せやがって・・・・」
と 思う (以下略)


子どもたちの姿から教えられることが
日々,たくさんあるものです。

PB080025.jpg PB080026.jpg PB080028.jpg

楽しみ!

「小学校に入るのは,楽しみ?」という私の問いかけに
「うん!」と,笑顔を見せてくれた子どもたち。

「そっかあ。どんなことが楽しみかな?」
さらに聞いてみました。

「あのね,プールが楽しみ!」
「あとね,ぼく,跳び箱6段跳べるんだよ」
元気に答えてくれた男の子。

「おべんきょう」
ちょっぴり,はにかんだ様子の女の子。

「入学式,待ってるからね!」と伝えると
みんな,にっこり笑ってくれました。

これらは,子どもたちが検診を待つ間の
控え室でのインタビューの様子です。

就学時健康診断が行われた今日。
99名の子どもたちが,受診しました。

全員の子たちに同じ質問をしたら
もちろん不安もあるけれど
きっと,みんな同じように「楽しみだよ!」と
答えてくれたと思うのです。

もう,ランドセルを買ってもらったのかな?
それとも,これからかな?

50年以上も前のことですが
ランドセルを初めて背負った瞬間の感動は
今でも,私の心に焼き付いています。

小学校の入学って,これほどまでに
わくわくとドキドキで,いっぱいなんですよね。

来春の入学式まで,もう半年を切りました。

「この子たちの,今の『わくわく』を
 小さくしぼませては,ダメだぞ」
校長として,決意をあらたにした今日です。

保護者の皆様
挨拶でも申し上げましたが

もし,不安なことや疑問などがありましたら
どんな小さな事でもかまいません。
何なりと,お問い合わせください。

そして,「普段の学校の様子を見たい」という方も
ぜひ,ご連絡をお待ちしております!

PB070001.jpg PB070003.jpg PB070004.jpg

PB070010.jpg PB070012.jpg PB070013.jpg

PB070016.jpg PB070019.jpg PB070022.jpg

御 礼

先週の木曜日,本校を会場に開催された
国語の東北大会(第1日目)。

東北各県からはもとより,北海道や茨城県からも
国語教育に関心がある先生方に
お集まりいただきました。

本校からは
2年3組,4年1組,6年2組の子どもたちが参加。

たくさんの先生方が見守る中
堂々と授業を受けているその姿に,感無量の気持ちで
いっぱいになりました。

今朝,教室で「緊張した人は?」と尋ねると
手を挙げた子は,なんと0人。
あっぱれとしか,言いようがありません。

県内から,8つの持ち込み授業があったのですが
各校の校長先生に伺うと,異口同音に
「貴重な経験をさせていただきました」
と,感謝の言葉をいただき,ほっとしています。

前日までの準備,大会当日のお世話と
本当にたくさんの先生方や保護者の皆様に
助けていただきました。

心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

PA290035.jpg PA290039.jpg PA290042.jpg

PA310052.jpg PA310051.jpg PA310067.jpg

PA310081.jpg PA310087.jpg PA310088.jpg

1/1